地方独立行政法人
三重県立総合医療センター

病院の概要

  • 開 設: 平成24年4月1日

  • 開設者: 理事長 高瀬 幸次郎

  • 院 長: 高瀬 幸次郎

  • 病床数: 一般病床413床(感染症病室4床含む) 救命センター 30床

  • 医師数: 96名(H28.1.1現在)

  • 臨床研修指導医数: 40名(H28.1.1現在)

  • 患者数: 外来529.5名/日 入院310.6名/日(平成26年度)

各科における研修を通じて、診察技術や診断へのアプローチ、臨床検査や治療計画の基礎を習得します。

また、他者との人間関係の構築、安全管理の方策、倫理や保険制度などの社会的側面の理解と習得をはかります。

個人の技術の向上を目的とするだけでなく、社会にとって必要な人材を育成することも目的としています。


特徴

  • 三重県の北勢エリアの高度医療及び救急医療を担っている当院は、ガン・脳血管障害、心臓病といった3 大成人病の専門医療、母子のための周産期医療などを行っている地域の基幹病院です。

  • 肺疾患、消化器疾患、小児疾患など幅広く、かつ密度の高い臨床研修が行えます。

  • 救命救急センターが併設され、内科系・外科系すべての救急研修が経験豊富な指導医の指導で行われます。

  • 個人に応じた自由な研修選択が可能であり、各科ともに十分な教育担当者を配しています。

  • 当院は、三重県における基幹災害拠点病院としての役割を担っており、災害医療の現場に携わる貴重な経験ができます。

診療科

  • 消化器内科

  • 呼吸器内科

  • 循環器内科

  • 脳神経内科

  • 整形外科

  • 外科

  • 心臓血管外科・呼吸器外科

  • 脳神経外科

  • 産婦人科

  • 皮膚科

  • 小児科

  • 麻酔科

  • 泌尿器科

  • 救急

  • 眼科

  • 耳鼻いんこう科